【出光美術館(門司)】古伊万里の世界

 鮮やかな彩色に金を加えた豪華絢爛(けんらん)な装飾が特徴の古伊万里。本展では、古伊万里を中心に、上野(あがの)焼や現川(うつつがわ)焼など九州各地で独特の作風を示す陶磁器を紹介する。古伊万里「色絵唐獅子牡丹文蓋物」、現川「色絵刷毛目藤文皿」など約75件を六つのテーマに沿って展示する。第2、4日曜の午前11時と午後2時には同館学芸員による列品解説が行われる(本展観覧券が必要)。6月11日(日)まで。一般700円、高大生500円、中学生以下無料(保護者同伴)。月曜休館。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]