【山口県立美術館】スタジオジブリ・レイアウト展

 レイアウトとは、アニメーションの場面を構成するためにキャラクターの配置や動き、背景などを詳細に描き込んだものを指す。本展では、高畑勲、宮崎駿両監督が築き上げてきたスタジオジブリの作品から、2人がジブリ以前に手掛けた「アルプスの少女ハイジ」「未来少年コナン」などのアニメーション作品まで全33タイトルにわたり、宮崎監督直筆のレイアウトを中心に約1300点を展示し、創作活動の秘密に迫る。展示のほか、記念撮影ができるコーナーなどもある。6月18日(日)まで。一般1300円、70歳以上と学生1100円、18歳以下無料。月曜休館(ただし6月5日は開館)。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]