【中原中也記念館】山頭火と湯田温泉

 山口県防府市出身の俳人、種田山頭火(1882~1940)は、湯田にまつわる句を多数残しており、中原中也の弟・呉郎らと親交が深かった。本展では、山頭火の句集や書籍、色紙をはじめ、弁当箱や草履といった遺品などを合わせて約30件展示し、山頭火と湯田温泉との関係や、中原家との接点に迫る。会期中に展示替えあり。7月23日(日)まで。一般320円、大学生210円、70歳以上と18歳以下は無料。月曜、毎月最終火曜、7月18日(火)休館。同17日(月・祝)は開館。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]