【福岡県立美術館】ARS/NATURA-「風景」の向こう側-

 人々は、自分たちを取り囲む現象や事物(自然)を「風景」あるいは「山水」などと名付けて作品に描き留めてきた。本展では、福岡を中心に活動する現代美術作家のeito、古賀義浩、瀬戸口朗子らの作品や同館のコレクションを展示し、自然をめぐる美術の諸相を紹介する。油彩画から日本画、彫刻、インスタレーション、江戸時代の生写図や粉本など資料類までを展示。7日(土)~11月26日(日)。入場料は一般300円、高大生140円、小中学生60円。土曜は小中高生無料。月曜休館(ただし10月9日は開館、同10日休館)。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]