【武雄市図書館・歴史資料館】明治一五〇年 鍋島茂昌と羽州戦争

 戊辰戦争(1868~69年)で新政府側の秋田藩救援のために出兵した佐賀藩武雄軍団の総司令官、鍋島茂昌(1832~1910)を紹介し、羽州戦争を振り返る。戊辰戦争時、東北地方では旧幕府軍の「奥羽越列藩同盟」が勢力を拡大し、朝廷は最新の装備を有する武雄軍に追討を命令。茂昌は約800人の兵を率いて羽州(秋田、山形)を転戦した。本展では、書状、軍旗、スペンサー銃やアームストロング砲(復元)など国重要文化財を含む約150点を展示する。17日(日)まで。9日(土)と17日の午後2時からは展示品の解説を行う。入場無料。会期中無休。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]