早稲田ジャーナリズム大賞本紙受賞 「外国人に優しい社会に」

写真を見る

 優れた新聞報道やキャンペーン企画などを表彰する第17回「石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞」の贈呈式が30日、都内であり、西日本新聞の年次企画「新 移民時代」に、草の根民主主義部門の大賞が授与された。本紙の同賞受賞は2005年度の「少年事件・更生と償い」、06年度の「検証 水俣病五十年」に続き、11年ぶり3度目。

 「新 移民時代」は、国内で急増する外国人労働者との共生を地域から考える企画。昨年12月から計9部を展開し、現在も継続している。

 贈呈式で、フォトジャーナリストで選考委員代表の広河隆一氏は「実習生、留学生の名前で集められたアジアの若者たちが、日本人が働きたがらない劣悪な状況の中で労働を担い、そのおかげで日本人は豊かで便利な社会を満喫している背景を丁寧な取材で明らかにした」と講評した。

 取材班代表の坂本信博・社会部遊軍キャップは「外国人に優しい社会は他者に寛容な社会につながると信じている。『他人の不幸の上に自分の幸福を築くことはしない』という視点で、小さな声に耳を澄まして見えにくいものに目を凝らし、社会に伝えるジャーナリストの使命を果たしていきたい」と話した。

 「早稲田ジャーナリズム大賞」は、早稲田大が2000年に創設。本年度は計130件の応募があり、公共奉仕部門はNHKスペシャル取材班「ある文民警察官の死」、文化貢献部門はフォトジャーナリスト林典子氏の書籍「ヤズディの祈り」が大賞に選ばれた。

■国策のひずみ浮き彫りに 連載を書籍化

 西日本新聞のキャンペーン報道「新 移民時代」の連載や特集記事に最新データなどを加筆した「新 移民時代-外国人労働者と共に生きる社会へ」=写真=が30日、明石書店(東京)から刊行された。

 人口減と少子高齢化が進む日本で仕事に明け暮れる「出稼ぎ留学生」や偽装難民、玉石混交の日本語学校、送り出し国で過熱する留学ビジネス、技術の海外移転とは名ばかりの技能実習…。取材班は日本で働く外国人が初めて100万人を超えた昨秋から、九州だけでなく国内各地、アジアや米国の現場をルポした。

 安倍晋三首相は今国会でも「いわゆる移民政策を取る考えはない」と明言したが、留学生や技能実習生の名の下に、事実上の労働移民の受け入れが進んでいる。本書は取材で浮き彫りになった問題点や課題を整理。定住外国人と共生する先進事例の報告や識者インタビューなども交えて解決の道筋を示している。

 四六判。260ページ、1728円。明石書店=03(5818)1171。

=2017/12/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]