外国人就労拡大、閣議決定 「特定技能」9カ国最大34万人

 政府は25日、改正入管難民法に基づく外国人労働者の受け入れ拡大に向け、制度の運用について示した基本方針と業種ごとの分野別運用方針を閣議決定した。共生社会実現のための総合的対応策も関係閣僚会議で了承した。新たな在留資格「特定技能」は来年4月からスタートし、今後5年間で最大34万5150人の受け入れを見込む。今後、政府や地方自治体、企業は急ピッチで受け入れ準備を加速させる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]