市民としての外国人受け入れテーマにシンポ 2019年1月12日 福岡市・あすみん

 外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法が2019年4月に施行されるのを前に、「市民としての外国人をどう受け入れ、支えていくのか~ともに生きる街をつくるために~」と題したシンポジウムが19年1月12日午後1時から、福岡市中央区今泉1丁目の市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」で開かれる。主催はNPO法人・ともに生きる街ふくおかの会。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]