外国人受け入れ、都市偏在解消に疑問 法務省 雇用の自粛要請方針

 外国人労働者の受け入れを拡大する新制度を巡り、衆院法務委員会は23日、閉会中審査を実施した。法務省は最大の課題である都市圏への外国人の集中を防止するため、受け入れ自粛要請などの対応策を示した。新制度開始まで残り2カ月余り。外国人への行政サービスを担う地方自治体に対し、来月上旬から全国で説明会を開催することも明らかにした。ただ126項目の「総合的対応策」には、開始時期や財政措置が曖昧な施策も多く、この日の審議でも具体的な運用は示されなかった。24日は参院法務委で閉会中審査がある。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]