外国人診療態勢強化へ 九経連が医療機関支援組織 多言語化やトラブル対策

 九州経済連合会は6日、医療機関での外国人患者の受け入れ態勢整備を進めるため、「九州国際医療機構」を設立した。在留外国人や訪日客が増加する中、医療従事者向けのセミナーを開催するなどして、多言語対応の充実や医療費未払いといったトラブル対策を支援する。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]