アオカナブン 樹液に集まり、敏しょうに飛ぶ

アオカナブン 樹液に集まり、敏しょうに飛ぶ

飛んでいるアオカナブンを後ろから撮影したもの。カブトムシなど他の甲虫はほとんどが硬い前羽も同じく開いて飛ぶが、カナブンは前羽は閉じたままで、後ろ羽だけを使って飛ぶ。そのためにスピードも速く、自在に敏しょうに飛び回ることができる

  • 幼虫。頭を上にして木の幹に取り付いて汁を吸っている。何かに驚くと跳びはねて逃げる

    幼虫。頭を上にして木の幹に取り付いて汁を吸っている。何かに驚くと跳びはねて逃げる

  • 成虫。頭の上に耳のような形の突起がついている

    成虫。頭の上に耳のような形の突起がついている

  • オスの触覚は複雑なくし状で、遠くにいてもメスが発するにおい物質(フェロモン)をかぎとることができる

    オスの触覚は複雑なくし状で、遠くにいてもメスが発するにおい物質(フェロモン)をかぎとることができる

  • 羽化して間もないメス。日が暮れると、すぐにオスが来て交尾をした

    羽化して間もないメス。日が暮れると、すぐにオスが来て交尾をした

  • 成虫の姿。見たとおりセミに近い種類

    成虫の姿。見たとおりセミに近い種類

  • セイタカアワダチソウの茎に付いている泡。この中に幼虫がいて、この植物の汁を吸って生きている

    セイタカアワダチソウの茎に付いている泡。この中に幼虫がいて、この植物の汁を吸って生きている

  • 幼虫から成虫に羽化しているところ

    幼虫から成虫に羽化しているところ

  • 姿は現在の相撲の行司が使う軍配にもよく似ている

    姿は現在の相撲の行司が使う軍配にもよく似ている

  • 栗林 慧さん

    栗林 慧さん

  • ミツバチがツバキの花の蜜を飲んででてきた

    ミツバチがツバキの花の蜜を飲んででてきた

  • 朽ちた木の中に作られた自然の巣に、足に花粉をつけた働きバチが帰ってきた(巣の中にカメラを入れ、入り口に向かって撮影)

    朽ちた木の中に作られた自然の巣に、足に花粉をつけた働きバチが帰ってきた(巣の中にカメラを入れ、入り口に向かって撮影)

  • 腹部を曲げて、その先から毒スプレーを発射する

    腹部を曲げて、その先から毒スプレーを発射する

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]