性暴力の実相・第2部(4) 「結びつき」が歯止めに

写真を見る

 執行猶予中の30代の男性は、自らが強制わいせつ事件を犯すまでを振り返り、経緯をノートに記した。

 《金欠でストレス》→《我慢》→《夜道をうろつく》→《少女を付け狙う》
 
 引き続き「→」の部分に対処法を書き込んだ。

 《家族に相談》《発散のためスポーツチームに入る》《コンビニに入り店員と会話》

 性犯罪の再犯を防ぐためのプログラムが今夏、九州の保護観察所で行われた。

 心理療法を使って犯行を思いとどまらせるプログラムが保護観察所や一部刑務所に導入されたのは2006年。対人関係や被害者感情などを学ぶ科目もある。

 法務省の12年の発表によると、刑務所での受講者の再犯率は21・9%。非受講者より7・7ポイント低く、一定の効果はあるとされる。

    ■    ■

 制度開始から10年を前に、課題も見えてきた。

 福岡地裁で今春あったわいせつ事件の公判。知的障害のある少女を狙ったとして起訴された福岡市の男(67)は、過去の服役中に再犯防止のプログラムを受けていた。男は、裁判長から受講時のことを問われ、「難しすぎて、よく分かりませんでした」としか答えられなかった。出所から4カ月足らずでの犯行だった。

 「出所した受講者に聞くと『何ですか、それ?』と言われることもある」とある保護観察官。性的欲求が起きにくい刑務所では現実感に乏しく、実社会での歯止めになりにくいとの指摘もある。

 保護観察所でプログラムを受けられるのは、刑期満了前に出所してきた仮出所者と執行猶予中の人。回数は5回に限られる。「『あとは自分で頑張って。さようなら』という制度になっている」(矯正関係者)

    ■    ■

 社会としてどう性犯罪者を受け入れ、見守るのか。試みの一例が大阪にある。

 大阪府では3年前、子どもへの性犯罪歴がある人に住所の届け出を義務付ける全国初の条例を施行した。狙いは監視ではなく支援という。

 これまでに届け出たのは64人。当初は再犯防止のプログラムに取り組んだが、受講者の要望を受け、5年間無料のカウンセリングに切り替えた。1回90分で、月1度の利用が大半。多くが対人関係に悩みを抱えており、担当の臨床心理士は「話しだしたら止まらない。それだけ相談できる場がないんでしょう」。犯歴が漏れないよう就労支援などは基本的には行わない。

 出所者情報は保護観察所などから提供されず、届け出は自己申告。「全体をカバーできておらず、どれほど意味があるのか」と効果を疑問視する声もある。

 だが、利用者は言う。

 「来ることが(再犯の)歯止めになっている」「行けないと(ストレスがたまって)危ない」

 刑務所に勤務経験のある藤岡淳子大阪大大学院教授(非行臨床心理学)は「再犯防止には、人や社会とつながり、『変わりたい』という強い意志を持ち続けることが不可欠」という。根気強い取り組みの向こうに、光が見えてくる。

 過去の性的虐待「加害に影響」

 性暴力加害者の中には、自身が過去に性被害に遭った人もいる。大阪市西成区に住む団体職員の男性(37)もその一人。17歳のころに実父から性的虐待を受け、19歳から痴漢行為を繰り返した。男性は、性暴力の被害者が加害へと向く“負のスパイラル”があるのではという。

 男性は生後間もなく親類に預けられ、その後も里親や養護施設を転々とした。父親と同居を始めたのは17歳のとき。夜になると、父親から性的虐待を受けた。「親の愛情表現の一つだと思っていた」。ショックが強かったためか、その記憶は一時期消えていた。

 1人暮らしを始めた男性は19歳のころから数年間、通勤中の電車やバスで女性に痴漢を繰り返した。「『生きてる』という感じで、自分の存在意義を見いだしていた」。当時、自らの被害の記憶はなく、動機は女性の支配欲だったという。

 痴漢では逮捕されなかったが、その後に加わった振り込め詐欺グループが摘発されて実刑判決を受け、服役。受刑者同士が自らの過去を語り合う講座で、性虐待の記憶が突然よみがえり、皆の前で大泣きした。男性は「無意識のうちに、被害体験が自分の犯罪行動に結びついていたのでは」という。「支配された経験」があるゆえに、支配する側に回ることで興奮していたのかもしれない。

 来春で出所から丸3年。男性は被害者にあらためて謝罪するとともに「私のような存在を知ってもらうことで、次の被害を生まない社会になってほしい」と話した。

 ◆性加害者への民間支援 九州では、さまざまな依存症からの回復を目指すNPO法人「ジャパンマック福岡」や、性問題に悩む人たちによる自助グループ「SCA福岡」などが性加害者を受け入れている。定期的にミーティングを開き、参加者が輪になって人には相談しにくい悩みや考えなどを語り合う。体験を共有することで再犯を防ごうという取り組み。

=2015/11/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]