カクテル作り、自由な発想で

グラスの縁にグラニュー糖を付ける大谷哲司さん
グラスの縁にグラニュー糖を付ける大谷哲司さん
写真を見る
梅酒ジンジャーティーには、はちみつを添えて
梅酒ジンジャーティーには、はちみつを添えて
写真を見る
スノーカクテルはクリスマスパーティーにも
スノーカクテルはクリスマスパーティーにも
写真を見る
サングリアにはオレンジやチェリーを飾るといい
サングリアにはオレンジやチェリーを飾るといい
写真を見る
アルコールが入っていないシャーリー・テンプル
アルコールが入っていないシャーリー・テンプル
写真を見る

 12月は来客をもてなす機会が増えます。お酒を楽しむことも多いですが、たまには自分でカクテルを作って振る舞いたいので、レシピを教えてください。

 猫の小町と申します。皆さんがお困りのことをたちまち解決していきます。福岡市博多区のホテルオークラ福岡「ラウンジ&バー ハカタガワ」のマネジャー大谷哲司さん(37)に伺いました。

 カクテルは「お酒+サムシング(何か)」だそう。「特にルールはありません。自由な発想で作っていいですよ」と大谷さん。とはいっても素人にはなかなか難しいもの。自宅で簡単にできるカクテルを4種類紹介してもらいました。

 ★梅酒ジンジャーティー

 梅酒を紅茶で割って、スライスしたショウガを浮かべた温かいカクテル。梅酒と紅茶は1対3ぐらいを目安に、お好みで加減を。梅酒が冷えていたら、常温に戻すか、少し温めておきましょう。温める場合は沸騰させないように。紅茶はフレーバーティーなどではなく、シンプルなものが合います。はちみつをたらして甘さを足しても。寒い季節にぴったりですね。

 ★スノーカクテル

 梅酒を使ってもう一杯。冷やした梅酒(30ミリリットル)、飲むヨーグルト(45ミリリットル)、サイダー(適量)をグラスに注いでマドラーで混ぜたら完成。さっぱりとして飲みやすいです。注ぐグラスにもひと工夫。縁に砂糖をまぶしてみましょう。

 グラニュー糖を使うと、きれいに仕上がります。グラスより直径が大きい容器にリキュールやシロップを注ぎ、グラスの口を1センチほど垂直に突っ込みます。今回は青いリキュールのブルーキュラソーと、グレナデンシロップという赤いザクロのシロップを使いました。

 次に、そのグラスを器に入れたグラニュー糖の中に数センチ差し込み、そっと引き抜きましょう。「グラスの内側についたグラニュー糖を拭き取るのも忘れずに」

 以上は大谷さんのオリジナルカクテル。ここからは定番カクテルです。

 ★サングリア

 いろいろな作り方があるのですが、ホテルオークラグループのレシピを伺いました。赤ワイン(60ミリリットル)、オレンジの果皮のリキュール「コアントロー」(10ミリリットル)、甘味果実酒「ドライ・ベルモット」(10ミリリットル)、オレンジジュース(20ミリリットル)、シロップ(10ミリリットル)を氷を入れたグラスに注ぎます。シロップが沈みやすいので、マドラーでよく混ぜましょう。

 ★シャーリー・テンプル

 ハリウッドの往年の名子役の名を冠した飲み物。アルコールが入っていないので子どもだけでなく、運転する人も楽しめます。氷の入ったグラスにジンジャーエールを注ぎ、グレナデンシロップを少量加えたら、優しく混ぜましょう。らせん状にむいたレモンの皮を飾るとおしゃれです。片方の端をグラスの縁に引っ掛けてから氷を入れます。

 くれぐれも飲み過ぎには気を付けて。お助けいただきありがとうございました。


=2017/12/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]