あなたはどのタイプ?似合う色を見つける「パーソナルカラー診断」 小顔効果も

ドレープ(布)を当てながらパーソナルカラー診断の説明をする合瀬理栄さん
ドレープ(布)を当てながらパーソナルカラー診断の説明をする合瀬理栄さん
写真を見る
写真を見る
【春】主に、黄色ベース・明るめの色・清色
【春】主に、黄色ベース・明るめの色・清色
写真を見る
【夏】主に、青色ベース・明るめの色、濁った色
【夏】主に、青色ベース・明るめの色、濁った色
写真を見る
【秋】主に、黄色ベース・暗めの色・濁った色
【秋】主に、黄色ベース・暗めの色・濁った色
写真を見る
【冬】主に、青色ベース・暗めの色・清色
【冬】主に、青色ベース・暗めの色・清色
写真を見る

 気付いたら、同じような色の服ばかり選びがち。それも自分に似合っているのか、いまいち自信が持てません。

 猫の小町と申します。皆さんがお困りのことをたちまち解決していきます。NPO日本パーソナルカラー協会(東京)の理事でアールズカラースペース主宰、カラーコーディネーターの合瀬(おおせ)理栄さん=北九州市=に、自分に似合う色の見つけ方を教えてもらいました。

 ●布でチェック

 まず行う「パーソナルカラー診断」は、ドレープと呼ばれる布を1枚ずつ首元に当て、顔の見え方をチェックします。ポイントは、(1)ベースの色(黄色ベースか青色ベースか)(2)明度(3)彩度(4)清濁。その人がどんな系統の色が似合うか分析し、春夏秋冬の四つのタイプ=写真=に診断します。

(1)ベースの色

 「同じピンク色でも、黄み寄りか青み寄りの色かで、顔の印象が変わります」と合瀬さん。黄みのあるコーラルピンクを当てると、顔が血色良く元気そうに見える人は黄色ベース。青みのあるローズピンクを当てると顔が白く見え、すっきりした印象に見える人は青色ベースになります。自分と逆のベースの色を当てると、黄ばんで見えたり寂しい印象に見えたりします。

(2)明度

 明るい色を身に着けると、似合う人は顔が明るくふっくら見え、似合わない人は顔が大きくぼんやりします。暗い色は、小顔効果がありますが、似合わない人は影や線が目立ちます。

(3)彩度

 鮮やかな色の場合、似合う人は華やかに見え、似合わない人はけばけばしい印象になります。色みの弱い色は、似合う人は穏やかに見えますが、似合わない場合は弱々しく映ります。

(4)清濁

 グレーが混じったのが「濁り感」がある色。似合う人は顔が滑らかでソフトに見えますが、似合わない人は地味な印象に。透明感がある色は、似合う人はつややかでハリがあるように見え、似合わない人はぎらつきやてかりが出てしまいます。

 ●数人で感想を

 自分でも診断できるのでしょうか。合瀬さんによると、黒より茶色が似合う人は黄色ベース、逆は青色べース。明度は白と黒どちらが似合うかで判断できるそうです。濁り感は、白か黒と、グレーのどちらが似合うかで分かります。

 タオルなどを首元に当て、顔の見え方をチェックしてみましょう。肌の色などを基準にするので、ファンデーションを落とした状態で見ます。マニキュアを塗ったときの手の見え方も参考になります。

 自分一人で見ると好みが入るので、3、4人で集まり、感想を言い合うのがお勧め。最近は百貨店など手軽な価格で簡易診断をするところも出てきました。

 好きだけど似合わない色は、顔周りから外せば影響なく着られます。シャツなどトップスとして使いたいときは、ゆったりした襟ぐりのものにし、ネックラインに自分に似合う色のストールやファーを持ってくるとすてきです。

 似合うと言われたけれど勇気が要る色は、バッグや靴などの小物として取り入れてみてください。カーディガンはボタンを開ければ自分から見える面積が小さく、着ていて抵抗感が小さいです。

=2018/08/29付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]