子ども食堂大人も集まれ 薩摩川内市の「おばちゃんち」 26日、100人規模で開催

 鹿児島県薩摩川内市で活動している子ども食堂「おばちゃんち」の運営委員会は26日、同市鳥追町の平佐西集会所で子どもや保護者ら100人を集めた「食堂」を開く。

 「おばちゃんち」は昨年11月から、運営委員長の皆吉縁さん(56)が市中心部で営む飲食店で月1回、子ども食堂を開催。毎回10人前後の子どもたちが机を囲んで家庭料理を食べた後、大人から書道やけん玉を教えてもらっている。

 今回は活動を広く知ってもらおうと、普段は子ども限定の対象を同伴の大人まで拡大。会場に過去4回の様子を撮影した写真や書道作品を展示し、みんなで手作りの豚汁や肉じゃがなどを囲むという。皆吉さんは「子ども食堂の意義を多くの人が知り、さまざまな地域で新たな食堂ができるきっかけになれば」と話す。

 参加費は子ども(中学生以下)100円、同伴する大人(高校生以上)は300円。先着100人。申し込み不要。運営委=070(3152)3031。


=2017/03/23付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]