全国初、公営ギャンブル場に「子ども食堂」 北九州市・若松ボート プロ選手も一緒に食事、交流

子ども食堂を開く、ボートレース場内の特別観覧施設「クレカ若松」
子ども食堂を開く、ボートレース場内の特別観覧施設「クレカ若松」
写真を見る

 北九州市が運営するボートレース若松(同市若松区)が、12月27日から地域の小学生を対象に、格安で食事を振る舞う「子ども食堂」事業を始めることが、市関係者への取材で分かった。公営ギャンブルの所管官庁などによると、公営ギャンブル場の子ども食堂は全国初。食堂は毎月1回、レースの未開催日に開店し、プロのボートレーサーも食事に参加。子どもたちとの交流を深める予定という。

 ボートレース若松が、子どもたちの居場所づくりを支援しようと、若松区で別の子ども食堂を運営するNPO法人「あそびとまなび研究所」に呼び掛けて実現。ボートレーサーの選手会の協力も取り付けた。

 食材は、同法人が提供を受けている支援元、レースの審判などに携わる「一般財団法人日本モーターボート競走会」などが援助。市関係者によると、今年4月に場内にオープンした特別観覧施設「クレカ若松」の配膳室と市民ホールを活用する。最大で約150人が利用できるという。

 子ども食堂オープンの12月27日は、敷地内の遊び場も食事後に無料開放する。食事代は子ども100円、連れ添いの大人300円。

=2018/11/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]