西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

栃木・男体山、活火山に 予知連、桜島は活発な状態

 火山噴火予知連絡会(会長石原和弘京大名誉教授)は20日、定例の会合を開き、栃木県日光市の男体山を新たに活火山と選定した。国内で111番目の活火山になる。現在の火山活動は静穏で噴火の兆候はなく、気象庁の常時観測の対象にはならない見通し。

 予知連によると、最近の研究で、約7千年前のマグマ水蒸気噴火など、過去1万年以内に少なくとも4回の噴火の痕跡が見つかり「おおむね1万年以内に噴火」という活火山の定義に該当すると判断した。

 全国の活火山の活動状況では、鹿児島県の桜島で噴火活動が活発な状態で、今後も継続する可能性があるとする見解をまとめた。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]