罹災証明申請は両県で1800件 豪雨2週間、800人避難

 九州北部の豪雨から19日で2週間。福岡県朝倉市内の避難所では、お年寄りが疲れた表情をみせていた=18日午後
九州北部の豪雨から19日で2週間。福岡県朝倉市内の避難所では、お年寄りが疲れた表情をみせていた=18日午後
写真を見る

 九州北部の豪雨で大きな被害が出た福岡、大分両県で18日までに罹災証明書の申請が計1800件に上っている。家屋の被害程度を証明する罹災証明書は、被災者が各種支援を受けるために必要な書類。自治体側は発行を急ぎ、生活再建を後押ししたい考え。発生から19日で2週間となる中、依然約800人が避難を続けており、福岡県では仮設住宅の着工にも取り掛かる。

 罹災証明書は、被災者生活再建支援金の受給や仮設住宅への入居のほか、税金の減免など、被災者支援に幅広く活用されている。

 申請数が最も多いのは福岡県朝倉市の1108件で、市は18日から発行を開始する。

西日本新聞のイチオシ [PR]

[高校柔道動画] 5人抜きオール1本勝ち!

4人抜きからの5人抜きオール1本で大逆転![高校柔道大会 金鷲旗女子決勝]

西日本新聞のイチオシ [PR]