霧島連山・新燃岳の噴火確認 気象庁、警戒範囲3キロに

 気象庁は1日、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(1421メートル)で午前11時ごろ、ごく小規模な噴火を確認したと発表した。噴火は同日夕方も継続しているとみられる。火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が急増しているとして、警戒範囲をこれまでの火口周辺約2キロから、約3キロに拡大する。

 同庁によると、1日に実施した現地調査では火山ガスの放出量は5500トンで、前回調査(2月2日)の90トンから大幅に増えた。

 政府は同日、首相官邸の内閣危機管理センターに情報連絡室を設置した。関係府省庁と連携して情報収集に当たる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]