南阿蘇鉄道が本格的な復旧工事へ 10キロ区間、22年度中の再開

 全線再開を目指す南阿蘇鉄道の復旧工事着工式で、くわ入れをする関係者=3日午後、熊本県南阿蘇村
全線再開を目指す南阿蘇鉄道の復旧工事着工式で、くわ入れをする関係者=3日午後、熊本県南阿蘇村
写真を見る

 2016年4月の熊本地震で被災した熊本県の第三セクター「南阿蘇鉄道」(高森町)は3日、不通となっている立野(南阿蘇村)―中松(同)の約10・5キロ区間の本格的な復旧工事を前に、着工式を開いた。22年度中の全線再開を目指す。

 鉄道は南阿蘇村と東側の高森町を結ぶ約17・7キロ。16年7月に中松―高森(高森町)の約7・2キロ区間で運行が再開したが、土砂崩れで線路がゆがむなど被害が甚大だった立野―中松は本格的な復旧に着手できていなかった。

 今回の工事では線路のほか、壁が剥げ落ちたトンネルや損壊した橋も修復。復旧費は最大で70億円に上る見込み。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]