非常に強い台風8号が北上 10日に沖縄・宮古島接近の恐れ

 非常に強い台風8号は8日、フィリピンの東の太平洋上を1時間に15キロの速さで北西に進んだ。今後、猛烈な台風に発達し、10日には沖縄・宮古島に近づく恐れがある。

 気象庁によると、中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風域、中心の北東側390キロ以内と南西側280キロ以内では風速15メートル以上の強風域になっている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]