水没車、始動で火災の恐れ 自工会や国交省が注意

 土砂崩れや住宅街の冠水が多発した西日本豪雨では、多くの乗用車が水没する被害に遭った。日本自動車工業会(自工会)や国土交通省は「外見上は問題なくても、車両火災の恐れがある」として、エンジンをかける前に整備業者の点検を受けるように注意を呼び掛けている。

 自工会などによると、エンジンに水がたまったまま始動させるとピストンの部品が曲がり、故障のもとになる。乾燥させても配線がショートし火災が起きることも。過去には台風による高潮で浸水した車を始動させた際、発火した事例があった。また、自然発火を防ぐため、バッテリーのマイナス端子を外しておくことも推奨している。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]