台風15号、九州南部に接近 暴風、急な大雨に警戒

 台風15号の予想進路(13日18時現在)
台風15号の予想進路(13日18時現在)
写真を見る

 台風15号は13日、日本の南の海上を北西に進んだ。14日午後には九州南部にかなり接近する見通し。気象庁は、暴風や大雨、落雷、突風、高潮への警戒を呼び掛けている。海上ではうねりを伴った高波になる恐れがある。15日には、九州の西に抜け、東シナ海を西寄りに移動するとみられる。

 気象庁によると、15号は、雲が広がっている範囲や強風域が比較的小さいため、接近に伴い急に風雨が強まる可能性があり、注意が必要だ。

 14日の予想最大風速(最大瞬間風速)は九州南部23メートル(35メートル)、奄美18メートル(30メートル)、九州北部15メートル(25メートル)。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]