台風19号、九州南部へ 20号は西日本上陸の恐れ

 台風19号、20号の予想進路(21日9時現在)
台風19号、20号の予想進路(21日9時現在)
写真を見る

 台風19号は21日、非常に強い勢力に発達して九州の南海上を北西に進んだ。21日夜から22日未明にかけて九州南部や鹿児島県奄美地方に接近する見込みで、気象庁は暴風や高波に厳重に警戒するよう求めた。後続する台風20号は発達しながら23日から24日にかけて西日本に接近し、上陸する恐れもある。

 気象庁によると、二つの台風の影響で、西日本の太平洋側や東海は24日にかけて総雨量が多くなる。19号は22日に九州の西海上を北上し、23日未明には黄海に達する。

 19号は21日午前11時現在、鹿児島・奄美大島の東南東約240キロを時速20キロで西北西に進んだ。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]