西日本で交通に乱れ 台風20号、運休相次ぐ

 台風20号の影響で、列車の運休などを知らせる張り紙=23日午後、JR大阪駅
台風20号の影響で、列車の運休などを知らせる張り紙=23日午後、JR大阪駅
写真を見る

 台風20号の接近により、西日本を中心に各地で23日午後から、鉄道の運休などが相次いだ。JR西日本は、大雨や強風による駅間停車などを防ぐため、山陽新幹線や京阪神地区の在来線の最終を大幅に繰り上げた。JR大阪駅では、帰宅客らが急ぎ足で電車に乗り込む姿が見られた。

 JR東海によると、午後8時半ごろ、東海道新幹線京都―新大阪間の下り線で、架線にビニールが付着し、同区間の下り線で運転を一時見合わせた。強風の影響とみられる。午後10時以降、滋賀県米原市などに設置した風速計が規制値に達したため、東海道新幹線岐阜羽島―京都間の上下線で運転を見合わせた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]