長崎市、海面の「副振動」で冠水 満潮重なり、注意呼び掛け

 冠水した長崎市銅座町の飲食店で、店内の水をかき出す従業員ら=21日夜
冠水した長崎市銅座町の飲食店で、店内の水をかき出す従業員ら=21日夜
写真を見る

 長崎地方気象台は22日、JR長崎駅周辺など長崎市中心部で21日午後8時40分ごろ、道路が冠水するなどの被害が発生したと発表した。大潮で水位が高かったのと、海面が短い周期で上下に変動する「副振動(あびき)」と呼ばれる現象が重なったのが原因とみられる。22日午前9時も満潮となり、気象台は注意を呼び掛けた。

 気象台は22日午前、振動の規模や特徴、被害状況などを調査するため、現地に職員を派遣した。21日夜の冠水によるけが人はいなかった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]