早暁の街に「オイサ、オイサ」 博多祇園山笠 「追い山」熱狂フィナーレ

博多祇園山笠の「追い山」で、櫛田神社の清道を駆け抜け、博多の街へ繰り出す一番山笠・西流=15日午前5時、福岡市博多区
博多祇園山笠の「追い山」で、櫛田神社の清道を駆け抜け、博多の街へ繰り出す一番山笠・西流=15日午前5時、福岡市博多区
写真を見る

 福岡市の夏を彩る伝統の「博多祇園山笠」は15日早朝、フィナーレの「追い山」で祭りの熱狂は最高潮に達した。舁(か)き山笠七流(ながれ)が同市博多区上川端町の櫛田神社から同区須崎町まで約5キロを駆け抜け、早暁のビル街に「オイサ、オイサ」の掛け声がこだました。

 午前4時59分、一番山笠・西流の舁き山笠を担いだ締め込み姿の男たちが神社境内に一気になだれ込み、勇壮な「櫛田入り」を披露。途中で止まって一番山笠だけに許された「博多祝い唄(祝いめでた)」を唱和し、再び動いて街へ飛び出した。他の流も5分おきに続いた。最後は高さ約13メートルの「走る飾り山笠」八番山笠・上川端通が登場。巨体を揺らした豪快な櫛田入りで観客たちを魅了した。

 最速は櫛田入りが六番山笠・東流の30秒69、全コースは二番山笠・千代流の29分0秒。

=2018/07/16付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]