福岡県内、18日夜はじめごろにかけ、落雷や竜巻、突風のおそれ

 福岡管区気象台は18日午前10時10分、落雷と突風に関する気象情報第1号を発表した。九州北部地方は、大気の状態が非常に不安定となっている。このため、福岡県では、18日夜のはじめごろにかけて、局地的に積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風が発生するおそれがある。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなどの対策が必要。

=2017/07/18 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

[高校柔道動画] 5人抜きオール1本勝ち!

4人抜きからの5人抜きオール1本で大逆転![高校柔道大会 金鷲旗女子決勝]

西日本新聞のイチオシ [PR]