恐喝容疑で中間市議ら2人逮捕

 福岡県警は13日、知人男性から現金数百万円を脅し取った疑いが強まったとして、恐喝容疑で同県中間市の市議と愛知県在住の建設会社社長の男を逮捕した。
 捜査関係者によると、市議らは2016年、知人男性が経営する会社が発注した太陽光発電所建設工事に絡み、電話やメールで「金の支払いに応じなければ、工事を妨害するぞ」などと伝え、現金数百万円を脅し取った疑いが持たれている。
 この際、市議らは特定危険指定暴力団工藤会との関係をほのめかすなどして金銭の支払いを迫ったとみられている。

=2018/01/13 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]