桜島南岳山頂火口で、ごく小規模な噴火が発生

 気象庁は9日午後4時、桜島=火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続=に関する解説情報を出した。

 南岳山頂火口では、7日から9日に、ごく小規模な噴火が発生した。また、同火口では、8日から9日にかけて、高感度の監視カメラで火映を観測した。昭和火口では、噴火は観測されていない。

 昭和火口及び南岳山頂火口から1kmを超えて飛散する大きな噴石や、小規模な火砕流を伴う爆発的噴火が、引き続き発生するおそれがあるという。

=2018/02/09 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]