強制不妊手術で鳥取県が訴訟支援

 旧優生保護法下で障害者らへの強制不妊手術が繰り返された問題で、平井伸治鳥取県知事は18日の記者会見で、被害者の訴訟支援に取り組む意向を表明した。準備手続きへの付き添いなどを想定、補正予算案に120万円を計上する。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]