防衛相、F15墜落で安全管理徹底を要請

 小野寺五典防衛相は11日、沖縄県沖での米軍F15戦闘機の墜落に関し、沖縄防衛局を通じて安全管理の徹底や再発防止を米軍に申し入れたと明らかにした。脱出したパイロットは意識があり、命に別条はないという。沖縄県の富川盛武副知事は、米軍F15戦闘機の墜落について県庁で記者団に「憤りしかない」と述べ、不快感を表明した。米軍に対して抗議する方針も示した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]