罰のランニングで熱中症に、大津市の中学

 大津市の中学でソフトテニス部の男子生徒(14)が、練習の罰として校舎の周りを80周走るよう顧問の教諭に言われ、途中で倒れて救急搬送されていたことが14日、市教育委員会への取材で分かった。生徒は熱中症と診断された。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]