1年の汚れ、すっきりと 太宰府天満宮ですす払い

 福岡県太宰府市の太宰府天満宮で6日、国の重要文化財である本殿のすす払いがあった。年末の恒例行事で、狩衣(かりぎぬ)、烏帽子(えぼし)姿の神職8人が午前9時すぎから、長さ約4メートルのササ竹で本殿の天井や梁など、この1年間でたまったすすやちりを払い落とした。

=2018/12/06 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]