写真特集:ひもに託す 働く意味

熊本県合志市の浜北涼太さん(25)は脳性まひで手脚の自由が利かず、発語も難しい。それでもわずかに動く指や手で、自助具につながるひもを引き、乾燥剤を袋詰めする仕事をしている。5時間働いて500円。そこには、金額で測れない意味がある。働くとは、生きるとは―。根源的な問いかけが重なって見えた。(帖地洸平)

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR