山笠ニュース

不況克服、人気アニメ… 山笠の標題 多彩に 7月1日公開

2009年06月04日 18:20
 博多祇園山笠振興会は2日、博多祇園山笠(7月1-15日)の舁(か)き山笠と飾り山笠の標題を発表した。厳しい不況を乗り越えたいという思いを込めたものやNHK大河ドラマ、人気アニメを題材にしたものなど、多彩な山笠が登場する。

 七番山笠・大黒流の舁き山笠の標題は「信為萬事本」。弁慶など信義に厚い武将に慕われた源義経の人形を据える。同流の楢崎尚弘総務(61)は「最近は特に、偽装にまつわる事件も多く、『信』という価値観の大切さを思い知り、標題を決めた」と話す。

 八番山笠・上川端通は「大江山酒呑童子」で鬼退治に挑む主人公を題材にした。「不況などで社会が不安定になる中、厄をはらい平和が訪れることを願った」と同流の武内照臣(てるおみ)総務(64)は、山笠に託す思いを語った。

 毎年、飾り山笠の題材として好まれるNHK大河ドラマは、今年も登場。千代流や川端中央街、博多駅商店連合会などで「天地人」の主人公の直江兼続を飾った山笠がお目見えする。ほかにも「黒田節」のモデルとなった母里(ぼり)太兵衛の活躍を描いたものもある。

 飾り山笠の一般公開は7月1日から同14日夜まで。舁き山笠は、10日の流舁きから15日早朝の追い山まで博多の街を駆ける。

=2009/06/03付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]