山笠ニュース

十三番山笠・天神一丁目 安全願い「地鎮祭」/福岡都市圏

2009年06月06日 16:06
祭り本番に向け、安全祈願をする十三番山笠・天神一丁目の地鎮祭
祭り本番に向け、安全祈願をする十三番山笠・天神一丁目の地鎮祭
 博多祇園山笠(7月1日―15日)開幕を翌月に控え、今年の十三番山笠・天神一丁目(江藤龍博総務)が3日、福岡市・天神のエルガーラ・パサージュ広場で「地鎮祭」を行った。

 地鎮祭は、飾り山笠を格納する山小屋の建設地を清める神事。普段はにぎやかな広場に祭壇が用意され、会場は厳かな雰囲気に包まれた。櫛田神社の神職が祝詞を奏上し、予定地をはらい清めるなか、山笠の正装である当番法被に身を包んだ関係者ら約60人が、祭りの成功と安全を願った。

 神事には、天神一丁目の飾り山笠担当の山大工と人形師も参加。「山笠を無事に奉納できるよう祈願した。祭りを通して福博がより良い町になってほしい」と人形師の白水英章さん(45)は話した。

=2009/06/04付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]