山笠ニュース

「天地人」鮮やかに 博多山笠飾り付け

2009年06月27日 18:27
飾り付けが進む十六番山笠「博多駅商店連合会」の飾り山笠=2日、午前11時すぎ、福岡市博多区のJR博多駅前
飾り付けが進む十六番山笠「博多駅商店連合会」の飾り山笠=2日、午前11時すぎ、福岡市博多区のJR博多駅前
 博多祇園山笠(7月1日―15日)を目前に控えた27日、飾り山笠の飾り付けが福岡市内各所で始まった。

 同市博多区のJR博多駅前では、十六番山笠・博多駅商店連合会(西野弘徳総務)が午前9時半から作業を開始。人形師の生野四郎さん(66)が「人形の顔の向きを直して」などと指示し、3人の山大工が高さ約8メートルの山笠台に人形を飾り付けた。2011年3月の九州新幹線鹿児島ルート全線開通に向けて新博多駅ビルの建設工事が進む影響で、昨年より高さを約2メートル低くしたという。

 表の標題は「長谷堂城の戦い」。NHK大河ドラマ「天地人」の主役直江兼続が、最上氏との死闘に挑んだ際の馬上姿を躍動感たっぷりに表現した。生野さんは「ドラマを参考に若々しく、優しい表情に仕上げた」と話した。見送りは「華丸・大吉のなんしようと?」。飾り山笠は7月1日から14日夜まで公開される。


=2009/06/27付 西日本新聞夕刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]