山笠ニュース

櫛田神社で「御神入れ」 博多祇園山笠7月1日開幕

2009年07月01日 18:12
飾り山笠の前で「御神入れ」の神事を行う神職たち
飾り山笠の前で「御神入れ」の神事を行う神職たち
 博多祇園山笠開幕を翌日に控えた30日、櫛田神社(福岡市博多区上川端町)で飾り付けを終えた飾り山笠に、御祭神を招き入れる神事「御神(ごしん)入れ」が行われた。博多祇園山笠振興会の役員など約50人が出席した。

 神事では、阿部憲之介宮司(56)が祝詞を奏上し、参加者は期間中の無事を祈った。飾り山笠の見送りは、NHKの大河ドラマ「天地人」を題材にし、武将直江兼続の人形などが飾られている。同神社の飾り山笠は年間を通じて公開される。

 瀧田(たきた)喜代三会長(72)は「いよいよ本番、気が引き締まる。今年は(新型)インフルエンザや不況に見舞われる中、いつも以上に博多っ子の心意気を示し、世の中を明るくしたい」と話した。

 博多祇園山笠は1日に幕を開け、飾り山笠の公開や、舁(か)き手が身を清める海砂(汐井(しおい))を箱崎浜(同市東区)に取りに行く「当番町お汐井とり」などが行われる。


=2009/07/01付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]