山笠ニュース

博多山笠 王氏、初の「台上がり」 13日、監督勇退で可能に

2009年07月02日 17:58
 博多祇園山笠振興会(瀧田喜代三会長)は2日、地元の知名士などが舁(か)き山笠に乗る13日の「集団山見せ」でプロ野球、福岡ソフトバンクホークス会長の王貞治氏(69)が初めて「台上がり」することを発表した。

 王氏は福岡ダイエー時代の1995年から昨季まで、ホークスの監督を14年間務め、リーグ優勝3度、日本一に2度輝いた。2006年には日本代表監督としてワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨み、初代世界王者となった。地元福岡のスポーツ界発展に貢献した功績をたたえようと振興会が要請し、快諾を得た。

 同振興会によると、7年ほど前から台上がりを打診していたが、祭り期間はシーズン中のため実現せず、監督勇退で可能になった。一番山笠・東流の表に吉田宏・福岡市長と台上がりする。

 集団山見せは、舁き山笠を福岡市博多区の呉服町交差点から福岡市役所前までを舁く行事。瀧田会長は「野球界を超えた存在である王さんに台上がりしてもらうのは、山笠にとっても栄誉なこと。長年の功績をたたえたい」と話した。


=2009/07/02付 西日本新聞夕刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]