山笠ニュース

絢爛飾り山 福岡市、14日まで

2009年07月06日 09:35
【飾り山グラフ・番外 櫛田神社】<br />

表=我不慚天地(われはてんちにはじず)<br />

中野 親一
【飾り山グラフ・番外 櫛田神社】
表=我不慚天地(われはてんちにはじず)
中野 親一
 福博の街を祭り一色に染める「博多祇園山笠」の飾り山笠は、今年も14本が福岡市内で公開されている。勇ましい武将や子どもたちに人気のアニメなど多彩な題材が登場。人形師は熟練の技を披露し、山大工が丹精を込めた豪華絢爛(けんらん)な飾り山笠の表と見送りを一堂に紹介する。今年は、NHK大河ドラマ「天地人」にちなんだ山笠が、番外の櫛田神社を含めて4本。不況や新型インフルエンザを吹き飛ばそうと、定番の「退治物」に願いを託したものも目立つ。飾り山笠の公開は14日夜まで。法被に締め込み姿の男衆が街を疾走する舁(か)き山笠は10日の流舁きから。12日の追い山ならし、13日の集団山見せと続き、15日早朝の追い山で盛り上がりはピークに達する。 (人形師は敬称略)

    ×      ×

 ●一番山笠 東流

 ▼見送り=如水平定智略功 室井 聖太郎

 ▼表=長政公武勲之誉   室井 聖太郎

 表は、関ケ原の戦いで黒田長政ら東軍の武将たちが、敵将石田三成に決戦を挑む姿を描く。見送りは、長政の父如水が、立ちはだかる九州の猛将たちに対し、采配(さいはい)を手に知略を尽くす。 (博多区上呉服町)

 ●二番山笠 中洲流

 ▼見送り=老公救津軽銘木 中村 信喬

 ▼表=壇の浦凄絶知盛   三宅 隆

 表は、壇の浦の戦いで敗れた平知盛が敗北を見届けた後、大碇とともに海中に身を投じて壮烈な最期を遂げる場面。見送りは、水戸光圀(みつくに)が、津軽藩特産のヒバをめぐる幕府高官の陰謀を暴く。 (博多区中洲)

 ●四番山笠 千代流

 ▼見送り=筑前今様想夫恋 川崎 修一

 ▼表=天地人       川崎 修一

 表は、NHK大河ドラマ「天地人」が題材。直江兼続が東軍を率いる徳川家康に戦いを挑む場面を力強く描く。見送りは、高倉天皇との仲を平清盛に裂かれた琴の名手、小督(こごう)の悲しい物語。 (博多区千代)

 ●八番山笠 上川端通

 ▼見送り=助六由縁江戸桜 田中 勇

 ▼表=大江山酒呑童子   田中 比呂志

 表は、酒盛りを邪魔され、怒り狂う酒呑童子(しゅてんどうじ)に、武将坂田金時が刀を手に勇猛果敢に挑む。見送りは、歌舞伎十八番のひとつ。豪快に見えを切る助六に、揚巻(あげまき)が華を添える。 (博多区上川端町)

 ●九番山笠 川端中央街

 ▼見送り=ドラえもん 中野 浩

 ▼表=天地人     中野 親一

 表は、愛の一字をあしらった兜(かぶと)を着け、刀を振り上げる直江兼続の雄姿が見どころ。妻が見守る中、上杉景勝とともに敵に立ち向かう。見送りは、子どもに人気のテレビアニメ「ドラえもん」。 (博多区上川端町)

 ●十番山笠 ソラリア

 ▼見送り=西征東伐大和夢 小嶋 慎二

 ▼表=勇壮奮然倭建命   置鮎 正弘

 表は日本神話の英雄、倭建命(やまとたけるのみこと)が日本平定の中、火攻めに立ち向かう姿などを表現。見送りは、倭建命が伊吹山の山神の反撃で息絶え、白鳥となった霊が、飛び去る場面などを描く。 (中央区天神)

 ●十一番山笠 新天町

 ▼見送り=宝船ハチナビ誉 亀田 均

 ▼表=富士山麓曾我誉   亀田 均

 表は、「曽我物語」の主人公、曽我兄弟が父親のかたきである工藤祐経(すけつね)を討ち取る様子を表現。見送りでは、テレビ西日本の番組「ハチナビ」のアナウンサーが大黒様にふんし、景気回復を願う。 (中央区天神)

 ●十二番山笠 博多リバレイン

 ▼見送り=母に捧げるバラード 置鮎 琢磨

 ▼表=尽忠南風誉蝉本     置鮎 琢磨

 表は、南北朝時代の大原合戦から650年の節目にちなみ、南朝に尽くした武将菊池武光の活躍を描いた。見送りは、福博の町並みを背景に、タレントの武田鉄矢さんと母・イクさんを描いた温かい舞台を再現。 (博多区下川端町)

 ●十三番山笠 天神一丁目

 ▼見送り=伝説船弁慶 白水 英章

 ▼表=源平壇ノ浦合戦 中村 信喬

 表は、源平最後の決戦が舞台。源義経は猛将、平教経に襲われるが、「八艘(はっそう)飛び」で難を逃れる。その名場面を生き生きと描く。見送りは、嵐の中、弁慶が経文を唱え、平家の亡霊を追い払う。 (中央区天神)

 ●十四番山笠 渡辺通一丁目

 ▼見送り=アニメ名探偵コナン 中野 浩

 ▼表=勲黒田武士       中野 親一

 表は、黒田藩の重臣で「黒田節」のモデルになった母里太兵衛(ぼりたへえ)が福島正則との酒の飲み比べに勝ち、名槍(めいそう)「日本号」を手に入れた場面を表現。見送りは、人気アニメ「名探偵コナン」。 (中央区渡辺通)

 ●十五番山笠 福岡ドーム

 ▼見送り=小牧長久手之戦 三宅 隆

 ▼表=新生鷹軍団     置鮎 琢磨

 表は、福岡ソフトバンクホークスの秋山幸二監督や、バットを手にした若武者が登場し、若い力で優勝を目指す勢いを表現する。見送りは、羽柴秀吉と徳川家康が直接対決した「小牧長久手の戦い」。 (中央区地行浜)

 ●十六番山笠 博多駅商店連合会

 ▼見送り=華丸・大吉のなんしようと? 生野 四郎

 ▼表=長谷堂城の戦い         生野 四郎

 表は、大河ドラマ「天地人」の直江兼続を描いた。長谷堂城の戦いで、最上・伊達連合軍を迎え撃つ。見送りは、地元福岡出身のお笑いコンビが出演するテレビ番組「華丸・大吉のなんしようと?」。 (博多区博多駅中央街)

 ●十七番山笠 キャナルシティ博多

 ▼見送り=昔噺花咲爺 置鮎 琢磨

 ▼表=助六由縁江戸桜 置鮎 琢磨

 表は「歌舞伎十八番」の一つ、「助六由縁江戸桜」。吉原の揚巻(あげまき)をめぐって、ひげの意休をやり込める助六の「粋」が見どころ。見送りは昔話の花咲かじいさんが灰をまく場面を描く。 (博多区住吉)

 ●番外 櫛田神社

 ▼見送り=日本曙国譲之譚 中野 親一

 ▼表=我不慚天地     中野 親一

 表は、上杉謙信が掲げた義の精神を引き継いだ上杉景勝と直江兼続主従が、石田三成とともに徳川家康と天下を争う場面。見送りは、日本の神話が題材。国譲りから日向への天孫降臨の物語を描く。 (博多区上川端町)


=2009/07/05付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]