山笠ニュース

東流の役員ら 聖福寺で茶会 山笠の安全祈願

2009年07月09日 18:46
茶のもてなしを受ける東流の役員たち
茶のもてなしを受ける東流の役員たち
 博多祇園山笠の舁(か)き山笠が本格的に動き始めるのを前に、福岡市博多区御供所町の聖福寺(細川白峰住職)で8日、東流の役員たちを招いた恒例の茶会が開かれた。東流が11日の「朝山」で同寺を訪れ、「博多祝い唄(うた)」を歌って敬意を表していることへのお礼として2004年から始まった。

 茶会に先立って、本堂では東流の役員や博多祇園山笠振興会の瀧田喜代三会長ら25人が出席して、祭りの安全祈願が行われた。その後、別室で和菓子や抹茶のもてなしを受けた。

 東流の名越正志総務は「安全祈願を終えて気持ちも新たになった。一致団結して奉納に臨みたい」と話していた。


=2009/07/09付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]