山笠ニュース

博多の町「山」動く 流舁き披露

2009年07月11日 18:57
「流舁き」で、繁華街を威勢良く駆け抜ける二番山笠・中洲流=10日午後4時すぎ、福岡市博多区
「流舁き」で、繁華街を威勢良く駆け抜ける二番山笠・中洲流=10日午後4時すぎ、福岡市博多区
 福博の街を15日まで熱気で包む博多祇園山笠の舁(か)き山笠が10日、動き始めた。舁き山笠の七流(ながれ)は同日、それぞれの地域で今年の山笠を披露する「流舁き」を行い、1年ぶりに棒についた男衆の威勢のよい掛け声が街に響いた。

 二番山笠・中洲流(岩崎純一総務)は午後4時に福岡市博多区中洲4丁目を出発。男衆は「オイサ、オイサ」の掛け声とともに、一寸法師の鬼の人形を飾った舁き山笠を勢いよく舁き、九州最大の歓楽街を駆け抜けた。沿道からは勢い水や盛んな拍手が送られた。

 中洲流は流舁きをしながら、この1年間に亡くなった流の功労者宅前などに山笠を止め、「博多祝い唄(うた)」を歌い、「博多手一本」で締めて冥福を祈る「追善山」も行った。


=2009/07/11付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]