山笠ニュース

博多の夏疾走 「追い山ならし」

2009年07月14日 12:43
追い山ならしで本番さながらに力強く「櫛田入り」する七番山笠の大黒流=12日午後4時50分、福岡市博多区の櫛田神社
追い山ならしで本番さながらに力強く「櫛田入り」する七番山笠の大黒流=12日午後4時50分、福岡市博多区の櫛田神社
 博多祇園山笠のクライマックスを飾る15日の「追い山」を前に、予行となる「追い山ならし」が12日、福岡市博多区であった。蒸し暑さの中、水法被に締め込み姿の男衆たちが、追い山より1キロ短い約4キロのコースを駆け抜けた。

 一番山笠・東流(ながれ)は午後3時59分、同区上川端町の櫛田神社前にある「山留め」を出発。豪快な「櫛田入り」を披露した。境内の清道旗を回り、山笠をいったん止めて「博多祝い唄(うた)」を歌い上げると見物客から大きな拍手が起こった。七番山笠・大黒流も舁(か)き手たちが力強い櫛田入りを見せた。東流の32秒8、全コースも同流の26分3秒が最速だった。

=2009/07/13付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]