山笠ニュース

15日早朝に追い山 博多祇園山笠

2009年07月14日 15:48
 福博の夏を勇壮に彩った博多祇園山笠は15日、掉尾(とうび)を飾る「追い山」を迎える。一番山笠・東流が午前4時59分、福岡市博多区上川端町の櫛田神社前を舁(か)き出し。「櫛田入り」した後、同区須崎町の「追い山廻(まわ)り止め」までの約5キロを疾走する。

 二番山笠・中洲流は午前5時5分に舁き出し。以降は順に西、千代、恵比須(えびす)、土居、大黒の各流が5分おきに、博多の街に飛び出す。

 今年は、初めて山笠の起源とされる承天(じょうてん)寺の開祖、聖一国師の生家(静岡市)から沢水が運ばれる。追い山で同寺の清道を回る際に、勢い水として使われる。

=2009/07/14付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]