「球足速く構えが遅れた」 本多

1回1死一塁、楽天・岡島の打球を失策して先制点を許し、がっくりの本多
1回1死一塁、楽天・岡島の打球を失策して先制点を許し、がっくりの本多
写真を見る

 本多が痛恨のトンネルに唇をかみしめた。6連勝中だったチームの勢いに水を差しただけに、試合後は「急いだわけじゃない。球足が速くて構えが遅れた。早くグラブを出さなくちゃいけなかった」と自分を責めた。

 2011年から2年連続で二塁手のゴールデングラブ賞を受賞し、数多くの好守でチームに貢献してきた本多のタイムリーエラー。鳥越内野守備走塁コーチは「やってしまったことは事実。股の間を抜けた。今日の敗因の一つ。本人も分かっているだろうし、しっかり練習させたい」と、あらためて奮起を促した。

=2014/08/01付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]