ホークス、日本シリーズ進出 秋山監督8回舞う

CSファイナルを制し、胴上げされる秋山監督=ヤフオクドーム(撮影・岩崎拓郎)
CSファイナルを制し、胴上げされる秋山監督=ヤフオクドーム(撮影・岩崎拓郎)
写真を見る

 福岡ソフトバンクホークスは20日、パ・リーグ、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制、ヤフオクドーム)第5戦で日本ハムに4―1で勝ち、対戦成績を4勝3敗(リーグ優勝のアドバンテージ1勝を含む)として3年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。ヤフオクドームでは秋山監督を選手らが胴上げ。8回舞った。

 ソフトバンクは優勝をかけたリーグ最終戦、「10.2」決戦やCS初戦に先発した大隣が中4日で先発。ランナーを出しながらも、インコースのコントロールが優れ、一度も連打を許さないまま7回を無失点。救援陣もこの流れに乗り、反撃を1点に抑えた。

 打線は4回に内川と吉村のタイムリーヒットで2点を奪い、5回にも細川のソロホームランで流れをつくり、8回に李大浩のタイムリーで突き放した。
日本ハムは、先発上沢を4回1失点で降板させ継投に入るなど総力戦で臨んだが、大隣にインコースを突かれて早めに追い込まれ、打線がつながらなかった。
ソフトバンクは25日から、日本シリーズで阪神と日本一をかけて戦う。
また、引退を表明している日ハムの稲葉や金子にホークス選手らが駆け寄り胴上げ。稲葉は号泣した。ヤフオクドームのスタンドからも稲葉コールが起きた。

★今季のホークス激闘 特設ページはこちら

=2014/10/20 西日本新聞=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]