飯田開幕ローテへ 飼い猫に救われた…4歳の時自宅で被災

黙々と走り込む飯田
黙々と走り込む飯田
写真を見る

 「1・17」に誓った開幕ローテ入り-。神戸市出身の飯田優也投手(24)が17日、今季の先発ローテ定着を誓った。今年は大隣の沖縄自主トレに初参加。20年前の阪神大震災を兵庫・西宮市の自宅で経験した左腕は、当時の記憶をたどった。

 「4歳だったけど、覚えている。家の棚や冷蔵庫は全て倒れた。ちょうど地震の起こる10分くらい前に(飼っていた)猫に起こされた。猫がいなかったら(眠ったままで)分からなかった」

 猫にも救われた飯田は震災直後から仮設住宅に移り住み、その後は愛媛県の祖母の家で4年間暮らした。「友達も大ケガとかはなかったけど、街はボロボロだった。でも20年で復興は進んだし、僕なんかがプロ野球選手になれた」と振り返る。

 プロ2年目だった昨年5月に育成から支配下登録され、2勝(5敗)をマーク。「希望を持っていれば大丈夫だということを、これからの活躍で伝えていきたい」。松坂の加入もあり、今季の先発争いは超激戦区となることが必至だが、必ず勝ち抜くつもりだ。

=2015/01/18付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]