本多右足首を負傷 一塁駆け抜ける際痛める

 福岡ソフトバンクの本多雄一内野手(30)が12日の日本ハム戦で右足首を負傷した。途中交代し、熊本市内の病院に向かった。

 2番二塁でスタメン出場した本多は両チーム無得点で迎えた6回無死、セーフティーバントを試みた。一塁を駆け抜けた際にベース付近で足を痛め、トレーナーらに抱えられながら、ベンチに退いた。アイシング治療などを受け、車いすで球場を後にし、病院に向かった。その際に「まだ分からない」とだけ口にした。新井チーフトレーナーは「少し腫れが出ていた」と説明した。

 本多は今季全13試合に出場(先発は12試合)。打率1割4分3厘と精彩を欠いていた。

=2015/04/13付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]