元燕コンビ古巣でメラメラ 川島&五十嵐

 川島と五十嵐の元ヤクルトコンビもかつての本拠地での出場に意欲を燃やした。川島は2008年からヤクルトに所属し、昨季途中にトレード移籍でホークスに加入。「特別な思いはある。応援してくれる人もたくさんいた。少しでも、リーグ優勝に貢献できたので(神宮でのプレーは)うれしい」。この3連戦は、都内で暮らす家族や知人も多く訪れる予定。2連勝といい流れで乗り込み、「肩の力を抜いて戦える」とリラックスした様子だった。

 五十嵐は新人時代から米大リーグ移籍前の09年まで過ごした。登板すれば昨年の交流戦以来だが、昨オフにマウンドの状態が変わった。「だいぶ、硬くなったので安心。傾斜も良かった」と好感触だった。第1、2戦は先発投手が好調で出番はなし。百戦錬磨のセットアッパーは「登板の場面になったら、ベストを尽くすだけ」と気を引き締めていた。 (伊藤瀬里加)

=2015/10/27付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]